Page: 1/13   >>
2018年6月10日(日) チチクリ催事場 無投票総選挙〜それでもマロンちゃんの思いは届いている!開催
0

    2018.6.10 チチクリギターズ 初サンデーライブ @赤坂November 11は台風の影響で雨模様の赤坂でしたが、足元が悪い中にもかかわらず、ご来場くださったマロンちゃんの皆様、本当にありがとうございました。

     

    本日の催事タイトルは「2018年6月10日(日) チチクリ催事場 無投票総選挙〜それでもマロンちゃんの思いは届いている!開催

    」。このわかるようでわからないタイトルは、ダジャレから。

    6月10日→ むとー、→無糖→無投票

    植木様、さすがです。私はダジャレと聞いてもわかりませんでした。今日のMCを聞くまでは。。。

     

    さて、ここからは真面目に。

     

    今日のライブは、今までと何か違う、特別な空気が漂っていました。

    最初の1曲目から最後まで開放感に溢れたギターの音色、演奏、そしてトーク!

    和泉さんと植木さんのギターの音の共鳴感、躍動感、ドライブ感。

     

    聞いていて快く、明日からの1週間、また元気で頑張れる!そう思わせてくれるエネルギーが会場に溢れていました。
    マロンちゃん達も会場を盛り上げてくれて、やっぱり音楽はコミュニケーションね!この一体感は、まさにこれぞライブ!

    久々に体感いたしました。

    Image may contain: 3 people, people on stage and people playing musical instruments
    アレンジもカッコよかった。

    アンコールでの植木さんによる「悪女」、和泉さんによる「恋のバカンス」では日頃聞くことのできない歌声を披露。

    ここのコーナーは、毎回何をカバーされて歌うのか、わくわくドキドキの楽しみがあります。

    ちょっと前、というか、時にはずっと前の名曲を、ふたりのギター・アレンジ& Vocalで聴くと、新鮮です。

     

    本日は、デザートを頼むと、「June 10th チチクリギターズ」の文字が書かれたプレートでお出しいたしました。

    これは当日まで内緒の話。

    「あれ?文字が書いてあるよ!」とざわざわざわざわ。

    嬉しいざわざわです。サプライズの効果があったのかな?(^^)

     

    本日の「勝手にベスト3」 は

     

    ●安達太良山
    ●バラと休日
    ●お家へ帰ろう

     

    次回は9月8日 土曜日
    5時半開場
    6時半開演

     

    また是非赤坂1111でお会いしましょう!
    ありがとうございました😊


    @ ノヴェンバー・イレブンス

     

     

     

    JUGEMテーマ:音楽

    保存保存

    | マーサメリー | 04:15 | - | - | - | - |
    2018年5月12日(土)後藤勇一郎 私季らいぶ@1111#4
    0

      2018.5.12 気持ちの良い1日となりました。今日は赤坂で後藤勇一郎さんの「私季らいぶ@1111 #4」は杉浦清美さんとの無伴奏ヴァイオリン・デュオの日。お二人の奏でる音色は時にダイナミックであり、そして時に繊細。演奏曲目もオリジナルの「Affinities」からビートルズの「ミッシェル」、プラターズの「Smoke gets in your eyes」とポップスファンになじみの深い曲を斬新にアレンジ。


      そして映画メドレーでは、映画タイタニックで演奏もされた賛美歌「Nearer my God to thee」など幅広いジャンルからの選曲で、豊かなランチ・ライブとなりました。後藤さんの計らいで、クリシャンでもある私に、賛美歌のこの曲を紹介するコーナーを設けてくださり、この曲はクリスチャンの中で最も愛されている賛美歌の1つであり、天国への旅立ちの時によく歌われることや、1912年にタイタニックが沈没する際に、この曲が実際に演奏されていたことなどエピソードをお話しさせて頂きました。


      みなさま。ありがとうございました!お会い出来て嬉しかったです。😊感謝! @ ノヴェンバー・イレブンス

      中学の同級生と。

      時が経つのはあっという間。音楽が繋いでくれたご縁です。

      | マーサメリー | 17:10 | - | - | - | - |
      2018年4月8日(日)小暮はな Primavera
      0

        小暮はなさんのライブ、Prmavea。

        たくさんの方がご来場くださいまして誠にありがとうございました。

        高音がとても綺麗なはなさん。絵本の一枚一枚をめくるように歌われました。哀愁漂う声に可憐な愛らしさと大人の女性の雰囲気を持ち合わせる彼女の歌。ステキな時間をありがとうございました。💕😊


        限定デザートは、バジルとピスタチオのレアチーズスフレ。シェフがリハを聴いてインスピレーションで作りました!おかげさまで完売となり、お客様に感謝いたします。

        最後に。


        ライブから2日経っても心に残った一曲

        「初恋」


        @ ノヴェンバー・イレブンス



        | マーサメリー | 23:37 | - | - | - | - |
        2018年1月26日(金)ソラノモリ 第二章 空の民
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          オープニングは、楯の「鼓響〜生命のふるさと」。大地にしっかりと根を張るようなフレームドラム。時に奥深い洞窟のエメラルドグリーンの水の雫のごとく響き、時に空を飛び交う鳥達のごとく歌う笛。そして、強い生命力を感じるヴォイス。楯直己のヴォイスは、時間と空間に溶け込み、彼の奏でる楽器、そして、彼自身もそこにすーっと溶け込む。

           


          そこに加わる安藤康弘の詩。
          彼らが織りなす世界、殊に彼らの共同作品「鏡の国」は、そこに深いメッセージがあることを私達は知る。


          音響、照明、映像チームの力は時空を超えて旅する想像力を掻き立て、楯の音は私達を大きな翼で暖めるごとくに深く優しく、想像力を創造力と変える。朗々と語られる安藤の言葉は、驕り高ぶる現代社会への警告のようだ。


          終演後には客席に大きな輪ができたかのような雰囲気に。これが音楽がもつ力だと思う。
           

          時間と空間に溶け込む楯 直己のヴォイス、彼の奏でる楽器、そして、彼自身。

          朗々と、堂々と、祈るように言葉を綴る安藤。今日のこの世界観はどこへ行くのか。

          答えは…9月21日。このソラノモリ は、第三章へと続く。


          ライブイメージの特別限定料理は「目覚めの森」
          大地の恵みをモチーフに、有機野菜のサラダ 3種 野菜のソースと、かぶのポタージュ(¥1200)

          キノコとにんにくとブラックオリーブのソース、緑野菜のジェノヴェーゼ風ソース、燻製 パプリカのソースの3種。
          サラダは、バーニャカウダのスタイルで。
           



           

           

           

           

           

           

           

          | マーサメリー | 23:10 | - | - | - | - |
          2017年12月1日 (金) Mark Akixa 夜の火の月の演奏会
          0

            | マーサメリー | 23:23 | - | - | - | - |
            2017年11月3日(祝・金)後藤勇一郎 私季らいぶ@1111 #2
            0


              後藤勇一郎さんの[私季らいぶ @1111 #2]
              ランチライブの今回は、ギタリストの菊谷さんとの同級生duo。気迫に満ちたライブでした。赤坂のこの地にちなんだ「ご当地メドレー」では、コモエスタ赤坂など、懐かしの歌謡曲をかっこよくアレンジ。ゲラゲラポーの作曲者でもある菊谷さんとの演奏も、こんなに濃密なの!と驚く程の斬新なアレンジに会場が釘付けでした。後藤さんのオリジナル曲の美しいメロディも、心に残ります。特別ランチセットも好評でした。💕
              お越しくださった皆様、ご都合がつかず、でも応援して下さった皆様、ありがとうございました!後藤さん、菊谷さん、お疲れ様でした❣



              | マーサメリー | 16:26 | - | - | - | - |
              2017年8月25日(金) Violinist 後藤勇一郎  私季らいぶ #1 @1111
              0

                ヴァイオリニストとして、作編曲家として分野を超えてご活躍の後藤勇一郎さんが、

                赤坂 November-Eleventh Part 2 1111で「私季らいぶ」の新シリーズをスタート!

                記念すべき第一回は、無伴奏Violin Duo。2017年8月25日(金)に赤坂はnovember-eleventh にて開催されました。

                無伴奏ならではの魅力、ヴァイオリンの響き、音色。大胆さ、繊細さ。

                インタビューで後藤さんの音色を色で例えていただく質問をした時「赤みの強い七色」とのお答えをいただきました。まさに、情熱の音、そして、ジャンルにこだわらない演奏曲目と演奏は、情熱の赤と虹の七色そのものでした。

                ヴァイオリンがこんなに人間の声のような、繊細な生き物とは!演奏曲は、以下11曲。

                 

                1. One Note Samba(後藤ソロ)
                2. Gladiolus(後藤ソロ)
                3. Csárdás(デュオ)
                4. Smoke Gets In Your Eyes(デュオ)
                5. やさしく歌って(デュオ)
                6. Day Tripper(デュオ)
                7. Glorious Season’s Poetry     (後藤ソロ)
                8. シェルブールの雨傘(デュオ)
                9. ロミオとジュリエット(デュオ)
                10. 7Variation on “Happy Birthday”(デュオ)
                11. アンコール・Cavalleria Rusticana “Intermezzo”(デュオ)

                 

                 

                後藤さんのライブをイメージしたスペシャル料理はこれ!

                今回の私季らいぶについてのインタビューです。後藤さんのミュージシャンとしての芯の太さを感じられるお答えをいただきました。

                ヴァイオリンの可能性を引き出すヴァイオリニスト後藤勇一郎さん。November Eleventh に初登場!   8月25日(金)!

                ヴァイオリニストとして、作編曲家として分野を超えてご活躍の後藤勇一郎さんが、赤坂 November-Eleventh Part 2 1111で「私季らいぶ」の新シリーズをスタート!8月25日に開催されるライブについて早速お話をお伺いいたしました。まずは、ご出演にいたるご縁から。

                 

                マーサメリー(以下M):後藤さん、こんにちは。初めてご一緒させて頂いた時から数えると、かれこれ20数年になりますね。今年思いがけずにまた繋がったこのご縁に、感謝いたします。

                 

                後藤勇一郎さん(以下G): こちらこそ、懲りずに忘れずに気に留めていただき、そしてお声がけいただいた事が嬉しく、心から感謝申し上げます。

                 

                M2: 確か、武道館でのイベントでした。

                 

                G2:そうですね。阪神大震災の義援コンサートという事、また私が学生時代に聴いていた日本のアーティストさんの一人という事もあって、脳裏に深く刻まれています。

                 

                M3: 後藤さんは今まで、山下達郎さん、坂本龍一さん、佐野元春さん、久石譲さんや名だたるオーケストラでのコンサート・マスターなどなど、クラシックからポップス、ロックと分野を超えて豊富な経験をお持ちですが、「これは面白かった!」など印象に残るお仕事は?

                 

                G3: 参加させていただいたセッションの全てが興味深く、面白いものばかりでしたが、ポップスの分野としては、これまた自分が学生時代に欠かさず聴いていた某FM局の「サウンドストリート」という番組のDJをされていたアーティストさん全てと、レコーディングやステージ等何らかの形でご一緒させていただいたというのが印象に残っています。

                 

                M4:サウンドストリート!あぁ、懐かしい!!月曜日は佐野元春さん、火曜日は坂本龍一さん、水曜日は甲斐よしひろさん。山下達郎さんや音楽評論家の渋谷陽一さんらもDJをされていた伝説の名番組でした。私も欠かさず聴いておりました。当時はラジカセで録音(笑)。佐野元春さんは洋楽を系統立てて紹介してくださっていましたね。

                 

                G4:ラジカセで録音(笑)私はその上を行くラテカセでした。死語ですね。マーサメリーさんとの出会いはまさしく月曜日の佐野さんですが、この番組のアーティストさんは皆さん音楽家として尊敬できるアーティストさんであり、実際レコーディングセッション等でお会いして、DJされている雰囲気と寸分違わないお人柄に感激し、中でも佐野さんはその後TVの収録でもお会いし、そのお話の仕方が番組でのDJっぷりと全く同じで(笑)さらに感激したのを覚えています。

                 

                新シリーズ「私季らいぶ」について

                M5: さて、8月25日に第一回目を迎える新シリーズ「私季らいぶ」よろしくお願いいたします!

                 

                G5:自身の活動は全て「私季」というキーワードの上に存在し、基本は私季コンサートで、アカデミックで一般的なヴァイオリンとピアノのデュオで演奏していますが、中にはとても素敵な場所でありながらピアノがないというところもあり、またヴァイオリンという一見敷居が高く見えるクラシック楽器でありながら、人間の声にも近い表現力を持つこの楽器を「いつでも気軽に」というコンセプトのもと、ピアノがなくても無伴奏ヴァイオリンであったり、無伴奏ヴァイオリンデュオ、ギターとのデュオ、はたまたCDカラオケを駆使しての独奏等、気軽にコンパクトなプログラムでお届けするのがこの「私季らいぶ」のコンセプトです。今までは鎌倉や福岡等、地方都市を中心に楽器一丁担いでという感じで飛び回っていましたが、自身のバンド「The Dynamites」以来となる都心の真ん中での私季らいぶ、もともと東京での私季コンサートのお客様もこういったお食事をしながら演奏を聴くというスタイルに興味がある方も多いので、おなじみのファンの皆様を始め、新たな出会いも期待してお集まりいただける事を楽しみにしています。

                 

                M5: お食事は、後藤さんのライブをイメージした特別限定料理をご用意いたします!シェフが腕をふるいますよ!!お楽しみにしていてくださいね!!

                 

                G5:私季をキーワードにとお願いしている事もあってとても楽しみですし、ご来場頂く皆様には私季音と共に私季を味覚でも感じていただければと思います。

                 

                M6:「私季らいぶ」の「らいぶ」がひらがなっていいですネ。

                 

                G6: こだわりです。日本の四季の素晴らしさを自身で感じるのが私季、それを表現するのが私季音、日本語へのこだわりが強く、らいぶをあえてひらがなにする事によってより季節感を感じていただければという思いです。

                 

                M7: この新シリーズは、Night & Day スタイルで開催されることも特徴のひとつです。

                第一回目は、Night Live。第二回目の11月3日(金・祝)は、Lunch Live。

                夜と昼とでは随分と雰囲気が違う赤坂ですが、たくさんの引き出しをお持ちの後藤さんのヴァイオリンが、どのように表情を変えていかれるか、大変楽しみです。

                 

                G7:この夜と昼を交互にというアイディアはマーサメリーさんのものですが、自身が私季らいぶで掲げる「いつでも気軽に」というコンセプトにまさしくぴったりのスタイルだと思い、即答させていただきました。普段の私季コンサートはピアノとヴァイオリンというスタイルで確立されていますが、この私季らいぶはピアノがないところでも演奏する機会がある事から、今回第一回目の無伴奏ヴァイオリンデュオを中心に、私の大切な音楽仲間である某ギタリストとのデュオ、そしてこの「1111」には幸運にも電子ピアノが置いてあるので、普段のコンサートスタイルであるピアノとのデュオも可能ですし、極め付けは無伴奏ヴァイオリン、つまり一人だけでの演奏も予定しています。こうして時間帯の幅だけでなく演奏形態の幅を持たせて、様々な表情を音で表現していくつもりです。

                 

                M8: 後藤さん、ここは直感でお答え下さい。(^^) ご自身のヴァイオリンを色で例えると、今は何色?

                 

                G8: 非常に難しい質問ですが「赤みの強い七色」じゃダメでしょうか(笑)

                M: バッチリです!!(笑)

                 

                M9: 座右の銘は?

                 

                G9: ありきたりですが「継続は力なり」(笑)その一心で私季音活動を続けてきています。時々めげそうになりますが、その継続力が今回の「私季らいぶ@1111」につながっているかと自負しています。

                 

                M10: お客様にメッセージをお願いします!

                 

                G10:前述の私季らいぶにおけるコンセプトでもお話しした通り、気軽に美味しいお料理と私季音を楽しんでいただければと思います。これを機に私季音をより多くの方に感じていただければ嬉しく思います。

                 

                 

                様々な演奏スタイルをお持ちの後藤勇一郎さん、もっともっと魅力があるはず!!

                今後の展開を楽しみにしております!

                ありがとうございました!!

                 

                次回は11月3日(祝日・金曜日)Lunch Liveです。

                12:00pm 開場

                1:00pm 開演

                ギターとのDUOです!ゲラゲラポーも演奏されますよ!

                 

                 

                 

                お問い合わせ マーサメリー info@masmary.com

                 

                | マーサメリー | 00:39 | - | - | - | - |
                2017年8月19日(土)チチクリ催事場〜10年史-NO BORDER-
                0

                  チチクリギターズ結成から10年めを迎えた2017年夏。
                  [チチクリ10年史-NO BORDER-ライブ]、大盛況にて終演いたしました。
                  今回は新作アルバム「TOMATO」を発表。その中から数曲を披露した、いずみっちとウケン!は、今まで以上にMCも演奏も素敵でした。

                  中でも、「旅するトマト」「エンドレス・ジャーニー」「小惑星"なな"」などの
                  新曲リハ時に急な雷雨という展開。雷の光が携帯画面に反射したと思ったら、ドッカーン!
                  チチクリギターズの美しいメロディーと和音の合間に聞こえる遠くの雷でタイムワープをしそうでした。

                  チチクリギターズの音楽を聴いていると、旅をしている感覚を覚えます。
                  過去、現在、未来。赤坂で心の旅。いいですね。(^^)

                  また10年史ということで、リリースをみなさまに配布。
                  最新プロフィールや活動履歴に加え、ライブについての10の質問と第一回目に行った同じ質問をお聞きし、10年前と今とのお答えを比較するというダブル・インタビューも行いました。(詳しくはリリースhttp://masmary.com/wp-content/uploads/ef1edff63daa56774fefbef2dd1e189c.pdfをご覧ください。)なかなかね、じんとくるお答えあり。10年の月日を感じさせるお答えあり、そうでないお答えあり。

                  アンコールではお二人の歌声を披露。
                  ウケン!はニール・ヤングの「Harvest Moon」を、いずみっちは、筒美京平氏作曲の名歌謡曲「真夏の出来事」を歌われました。
                  両方とも、「こんなにいい曲だったんだ〜」としみじみ聴き惚れましたー。

                  さて、土居シェフによるライブ・イメージ・コラボデザートは、トマトのレアチーズケーキ。
                  これがなんとも言えない美味しさで!
                  楽屋では「美味しい〜〜」「ホールケーキで食べたい!」「スペシャルはずっとこれで良い(笑)」「クリスマスはこれ作って!色も赤だし(笑)」など美味しいコールで盛り上がっていました。
                  バジルとナッツを混ぜたタルト生地の上にレアチーズ、そしてその上が
                  トマト味のレアチーズ、トップは白ワインとコンソメのトマトジュレ。デザートでもさっぱりながらもほんのり甘く満足な一品となり、開演前にあっという間に完売となりました。オーダーできなかったみなさま、ごめんなさい。

                  お二人の素晴らしい演奏で心はゆるりゆるり。幸せな気持ちにさせてくれた「チチクリ10年史-NO BORDER-」でした。

                  次回は12月16日(土)。お楽しみに!!











                  | マーサメリー | 22:58 | - | - | - | - |
                  2017年3月11日(土)〜新入社員研修 ただいマロン社員募集中!!
                  0



                    | マーサメリー | 01:55 | - | - | - | - |
                    2017年7月22日(土)光と風と愛のフラ
                    0
                      古典フラ、現代フラ、そして情熱のタヒチアンダンスでお送りする「光と風と愛のフラ」第一回めは、光をテーマに選曲をし、それぞれの想いを曲に乗せてお届けしました。この殺伐とした世の中、みなさんの心に一筋の光が灯されますようにと祈りながら。



                      | マーサメリー | 00:00 | - | - | - | - |

                      Calendar

                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode