Page: 1/1   
アフロ三味線『音を楽しむ』 Wouassi and Roots Band
0
    カメルーン出身のワッシーさん。
    昨年の11月に新作を発表し、その名も「濃いめ」。
    リズムが濃い、という意味だそうだ。

    今回のライブは新作が多く、やっぱりリズムが濃かった。
    相当に!
    予想しがたい複雑なリズムに、ワッシーさんの明るさと迫力のある
    ドラム・ビートと三味線。思わず踊りたくなる。

    セネガル、マッサ・レンバ(レンバおじさん)、アメニモマケズ、
    エンヤコラサ、パ・ツ・ツム、いい加減なソフィー、メンジャン・
    エリカなど計14曲を演奏。
    メンジャンとはリズムの名前だそうで、ベースのえりかさんのために
    書き下ろしたとのこと。

    ポリリズムをかっちりとまとめるのは、ボンゴの島根出身、ヘイタさん。
    ワッシーさんとの息もぴったりでした。


    | マーサメリー | 17:43 | comments(0) | - | - | - |
    アフロ三味線『夜のワッシー』 Wouassi and Roots Band
    0
      メロディアスな曲が印象的だった前回のライブと対照的に、今回はリズム中心のライブ。
      ヘイタさんのパーカッションとワッシーさんのドラム&三味線の呼吸ぴったりで、大空に突き抜けるような音は迫力満点だ。

      ワッシーさんは近所の居酒屋からほろ酔い加減で口笛を吹く。そんな口笛を曲にした「夜のワッシー」、文化の違いを歌っている「ジョンバ・ジョンバ」、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」に曲をつけた「Strong in the Rain」、石焼き芋と歌う「イモ」、亡きお母さんのために書いた「ママ・アフリカ」、音楽で生きることを決めた時、政治家のお父さんからひどく叱られたという「13年前」など16曲を披露。

      最後の曲が終った時「アンコール!アンコール!」と自分で声がけをした茶目っ気たっぷりのワッシー&ルーツ・バンド。

      今回もとってもとっても楽しいライブに感謝。


      インタビューも読んでね。


      曲目

      1st stage
      1 アタンワ 2 夜のワッシー 3 ウルンジョン
      4 ジョンバ 5 バナバ・カメルーン 6 セネガル

      2nd stage
      1 パッツトゥム 2 Strong in the Rain(雨ニモマケズ) 3 ママ・アフリカ
      4 13年前 5 イモ 6 ミミ 7 パルティ

      アンコール
      1 川から 2 ピバモ


      2009.11.5(木)
      november-eleventhにて





      | マーサメリー | 02:24 | comments(0) | - | - | - |

      Calendar

      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      Profile

      Recommend

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode