Page: 1/1   
山本英美〜J Covers Night Vol.3〜大切にしたいうた
0


    いつものように、凄く楽しいライブだったJ Covers Night。
    山本英美さんが J POPSのカバーを独自のアレンジで歌うこのライブは、
    今年の1月5日にスタートし、早くも3回目を迎えた。

    少しほっそりとした英美さんはいつもの帽子とジーンズで登場。
    この黒の帽子はよく似合う。
    歌謡曲やポップ・ミュージックが持つ明るさと心の奥底に沈む悲しさを
    表現する彼の歌声は、会場のnovember-eleventhの隅々まで行き渡り
    ひとりひとりに届く。
    おなじみの曲「木蓮の涙」は何回聞いても心にしみる。
    かと思えば、「センチメンタル・ジャーニー」ではお客さんも一緒に
    振りつきで歌う明るさ、楽しさ!一体、何なの〜?!


    Kinki-Kidsに作品を提供してきた彼は、その中から「Baby Love」を
    披露(作詞)。作詞作曲家としても活躍をされており、SMAPの
    「いつだって愛しすぎてしまう」は、英美さんの作詞作曲。
    ジャニーズ・タレントに曲や歌詞を提供してきているのだ。
    しかし、ここはJ-Covers Night.
    アレンジをがらりと変えて衣替え。エレクトリック・ギターとウッドベースで
    深みのある大人の雰囲気に曲が変身する。

    今回は音色450種類もある音源をエレクトリック・ギターの岩見さんが使用。
    突然ギター以外の音が聞こえてきてきょろきょろするお客さんを見て「予想
    通りのリアクション!」と喜んだりする場面も(笑)

    いつもは制作側としてアーティストにサプライズをしかける私だが、今回はちょっと
    違った。
    2部に「何か忘れてない?何か忘れてない?」とのギターの岩見さんが英美さんに催促。
    英美さんは「あっ」と思い出し、おもむろに弾いたバースデーソング。
    何と、私のためでした。感激!!!!!全く知らなかったのでびっくり!!!!!
    まさかこのような形でみなさんに祝って頂くとは!!最高でした。
    ありがとう!!!

    次回のJ Covers Nightは来年の2月25日(火)

    是非来て下さいね。

    楽屋でのオフショット。

    美味しかったバースデーケーキ。みなさんに良い事がありますように!
    | マーサメリー | 19:40 | comments(0) | - | - | - |
    山本英美 ソロライブ〜Happy Birthday to Me?
    0


      50才を迎える一歩手前の記念ライブ。

      2nd ステージの冒頭、MC中に突然照明が消え、きょとんとした英美さんの前に
      表れた巨大ケーキ。それは、この特別なライブのために、ファンの方達が考えに
      考えた特注「英美ギター」バースデーケーキをサプライ〜〜ズ!

      ほんとにびっくりした様子の英美さん。


      ファンの方達の心がいっぱいつまったケーキ


      november-eleventhからはワインをプレゼント。ラベルに注目!

      50という見栄えのする数字と縁起の良さをかけて、この日限定の
      「Fifty Plate」をご用意。こちらも気合いが入る。




      英美さんは年々魅力が増す。
      だから、50になり、人生経験をそれなりに積んだ彼の歌声をもっと聞きたい。


      ♪演奏曲
      もういくつ寝ると50才
      Heoll Again
      恋をしようよ
      友達っていいな
      Good Bye My Friend
      悲しくてやりきれない

      最初から今まで〜愛はかげろう
      My Home Town
      Today
      Freedom
      夢見るプリテンダー
      真っ赤なハートを抱いて
      Thank You

      Encore
      Remember me?
      Holiday
      見上げてごらん夜の星を
      | マーサメリー | 11:19 | comments(0) | - | - | - |
      山本英美 J-COVERS NIGHT VOL.2 〜大切にしたいうた〜
      0

        表現力豊かに歌う山本英美さんの J-Popカバー特集 第二弾。
        今回は、客席からのリクエストに答えて物まねも披露するという
        予定外のハプニングもあり、楽しい楽しい一夜であった。

        カバー曲は、意外な発見をもたらしてくれる。
        例えば、フォーククルセイダーズの「悲しくてやりきれない」は
        優しい印象のオリジナルに対し、英美さんは感情を込めて歌い上げる。
        彼の歌声、山本英美というアーティストのフィルターを通して
        伝わってくるこの歌の詞が、胸にずんと響く。
        それは、シンプルな詞の美しさに隠れる言葉にならない思いを、私に
        あらためて気づかせてくれたのだった。
        会場が涙したスターダスト・レビューの「木蓮の涙」も然り。

        しかし、それだけではない。エンターテイメントの世界に長年いる彼は
        サービス精神もちゃんと持ち合わせている。
        何と言っても、アリスの「冬の稲妻」のサビの部分!
        ウケマシタ!!

        さてさて、カバーのもうひとつの魅力は、アレンジだ。
        注目すべきは、中島みゆきさんの「地上の星」
        このジャズ・アレンジはカッコイイ!
        是非、この J-Covers シリーズでは、定番にして欲しい。

        彼を支える、ギターの岩見さんは、元浪速エキスプレス。
        ウッドベースの渡辺さんは、もんた&ブラザーズ「ダンシング・
        オール・ナイト」でプロデビュー。解散後はベーシストとして
        JAKE SHIMABUKUROさんや庄野真代 さんらと演奏をし、この
        メンバーならではの、「地上の星」は、必見ならぬ必聴!

        カバーは、新たに息吹を吹き込むと感じた「山本英美ライブ、
         J-COVERS NIGHT VOL.2 〜大切にしたいうた〜」
        次回は、10月20日(水)







        | マーサメリー | 21:16 | comments(0) | - | - | - |
        山本英美 J-Covers Night Vol.1
        0

          山本英美さん、今回は名ギタリスト&名ベーシストと共にトリオで登場。
          題して「 J-Covers Night Vol.1」
          さまざまな曲をアレンジを変えて、英美色で歌うスペシャル・ナイト。
          松の内があけたばかりなのに、早くからファンの方々が集まってきてくれ(お寒い中、ありがとう!)感謝での幕開け。
          英美さんのオリジナル曲ではなく、カバー曲での一夜は、不思議とカバーっぽくない。
          いつもよりちょっと大人っぽく、ちょっとオシャレな赤坂ナイト。
          「楽しかった!」とは終った直後の英美さ
          んの一言。
          もちろん、私たちも!
          ただいま次回スケジュール調整中!

          インタビューはこちら♪


          | マーサメリー | 00:10 | comments(0) | - | - | - |

          Calendar

            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << May 2018 >>

          Profile

          Recommend

          Search

          Entry

          Comment

          Archives

          Category

          Link

          Feed

          Others

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          Mobile

          qrcode