Page: 1/1   
2019年7月27日(土)ハーモニカ・デュオ ボン・ボア 「ハーモニカの知られざる世界 Vol.4」 
0

    昨年からスタートしたハーモニカ・デュオ ボン・ボアさんによる「ハーモニカの知られざる世界」

    大盛況にて終了しました。

    早くも4回目を迎えたこのシリーズ。

    様々な種類のハーモニカを駆使して、クラシックからポップス、ジャズまで多岐に渡る分野から選曲して繰り広げられています。



    大内智哉さんのソロ・コーナーでは、ビゼー作曲の《アルルの女》『メヌエット(第2番)を演奏。数種類のハーモニカを持ち替えながらソロで演奏する大内さんに、周囲は息を止めるほど聴きいいっていました。

    またお客様より事前に寄せられたリクエストにお応えする内容となり、8割がリクエスト、という構成に。「オペラ座の怪人」、「New York New York」、平成で最もカラオケで歌われた曲「ハナミズキ」、1979年に大旋風を巻き起こしたEarth, Wind & Fireの「September」などおなじみの曲の数々をハーモニカのアレンジ、そしてベースとキーボードを交えてのバンドスタイルでお送りした1時間15分。アンコールは「リベルタンゴ」。「うわぁ」という歓声があがりました。BRAVO!

    次回は12月21日(土)12:00開場 13:00 開演

    November- Eleventh (東京・赤坂)にて。


    | マーサメリー | 23:37 | - | - | - | - |
    2019年2月28日(土)ハーモニカ・デュオ ボンボア「ハーモニカの知られざる世界 Vol.3」
    0

      今回はハーモニカduoとベースのアンサンブル。
      ベースとのアンサンブルはハーモニカの表情が違った感じに聞こえます。
      衣装も黒と白でまとめられ、大人っぽいおしゃれな世界に。

       

      大内友哉さんによる恒例のハーモニカ・ソロ演奏。

      今回は、2月23日は富士山の日と言うことで「真白き富士の峰」を演奏。

      この曲は、1910(明治43)年1月23日に発生した水難事故によって溺死した逗子開成中学ボート部の生徒等12人の霊を弔うために作られたそうです。いつもより静かに粛々と演奏された大内さん。お客様の中には一緒に口ずさむ方もいらっしゃいました。

       

      また、NHKの紀行番組「小さな旅」も毎回大好評。
      そして「Charade」などの映画音楽の演奏も聴いて楽し、観て楽し!何と言っても、5種類のハーモニカをたった二人で駆使しての演奏は、迫力あります!

       

      ハーモニカ種類は大きく分けて5種類(大内さん解説)
      .ラッシック、Jazz、映画音楽など広く活躍している「クロマチック・ハーモニカ」
      ▲屮襦璽垢筌侫ークギターなどと一緒に演奏する「10ホール・ハーモニカ」(まの名を「ブルース・ハープ」)
      そして明治時代に日本に入ってきたハーモニカが発達、年配の方々がハーモニカというとイメージするのが「複音ハーモニカ」
      ぅ蓮璽皀縫アンサンブルに欠かせない、低音楽器「バス・ハーモニカ」。読んで名のごとくベースを担当。
      ゥ螢坤爛僉璽函∀族擦鮹甘する「コード・ハーモニカ」。

      これらの5種類のハーモニカを次々と持ち帰る技も見応えあります。

       

      会場の赤坂November Eleventhはステージを囲むような座席配置で50名程の大きさなため、この持ち替え技も場所によってはたっぷりと堪能できますよ!

      全体を見る座席も良いですが、結構マニアックな席もそれはそれで魅力❣

      次回は7月27日(土)
      12:00pm開場、13:00開演。

      乞うご期待!

      Image may contain: 3 people, including Tomoya Ouchi, people smiling

      Image may contain: Tomoya Ouchi

      Image may contain: 1 person, on stage and indoor

      Image may contain: 3 people, including Tsuneki Ogawa and Tomoya Ouchi, people sitting and indoor

      Image may contain: food

      +3

      Like

      Comment

       

      | マーサメリー | 14:40 | - | - | - | - |
      2018年6月30日(土)ハーモニカ・デュオ ボンボア「ハーモニカの知られざる世界」
      0

        驚愕のハーモニカ!

        ハーモニカを吹く、と私たちは表現するが、「ハーモニカを奏でる」「ハーモニカで歌う」「ハーモニカで音を紡ぐ」そんな表現がぴったりの彩り鮮やかなライブだった。

         

        アンサンブルならではの音の重厚感はまさに圧巻。メロディーのみならず、ベース、和音から繰り出される世界は「本当にハーモニカ?」と思うほど。なんでも口の中の真ん中に舌を置き、半分はメロディ、半分は伴奏と使い分けるそう。

        すごい!トリルもグリサンドもあったのだから、舌を巻くとはこのこと!

        まるで鍵盤楽器のようで、演目も、クラシックのハンガリー舞曲第5番、ジャズの名曲「Take the A train,」 「Take five」から 「Blue bossa」や「パリの空の下」、オリジナルの「陽だまり」、そして、「荒城の月」と、演奏分野も幅広く、時にオルガン、時にアコーディオンの響きと思うほどの音色の表情に驚かされたのは、私1人ではないはず。

         

        ハーモニカの歴史や種類等の説明もあり、特にわずか数センチのミニハーモニカの演奏にお客様は釘付けだった。

        次回は10月27日(土)会場12時、開演13時

         

        左から、キーボード、鍵盤ハーモニカの本郷さん、そして、ボンボアのおふたり!

         

        本日の特別ランチセットを頂きました。

        楽屋でのショット。

         

        | マーサメリー | 23:31 | - | - | - | - |

        Calendar

        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << December 2019 >>

        Profile

        Recommend

        Search

        Entry

        Comment

        Archives

        Category

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode