Entry: main  << >>
天才あひる倶楽部 翼の生えた「まいご」たち 〜新民族的アコースティック・ロック・キャラバン2010〜
0

    サイコーな大人達による音楽集団「天才あひる倶楽部」

    今回の赤坂november-eleventhでのライブは今までと、ちょっと、何かが違った。
    楯さんとのメールのやりとりの中から、聞こえてくるのはシュッシュッシュッ。
    聞こえるはずのないエネルギー音。
    蒸気機関車が煙を上げて、シュシュッポッポッ、と走る姿がどこかりりしく風情があるように今回の天才あひる倶楽部は、風情とエネルギーと優しさがあいまって、何とも言えない味がライブ前から出ていたのだ。


    1号こと山田勲生さん フラメンコの香り漂うギターが何とも言えません‥‥。

    2号こと楯直己さん
    ネイティブアメリカン・フルート、鍵盤楽器、口琴、カリンバなど数多くの楽器をこなせるボーカリスト&ネイティブアメリカン・フルート奏者。

    高松・神戸・東京のツアーの最終日。
    彼らは赤坂に居た。
    高松・神戸と一緒に演奏を共にして来たキーボードの土井淳さんも、忙しいスケジュールを無理矢理空けて、ここに駆けつけてくれたとのこと。
    いつものように、穏やかになごやかなみんな。
    ふんわりとした空間の中に、まっすぐな音楽という柱を作り、そこから彼らが輝いていく。
    つまり、楽器を手に取ると、彼らは変わる。
    天才あひる倶楽部の世界に私たちを連れていってくれるのだ。


    MCでも盛り上げますッ! 3号ことサクスフォン奏者 春名正治さん。

    「天才あひる倶楽部」を支えます。4号ことパーカッショニスト
    コスマス・カピッツァさん

    ゲスト 土井淳さん。この方のキーボードで、天才あひる倶楽部さんの世界が
    一段と深くなりました。

    今回私は、彼らの限りない豊かな音に触れ、各演奏曲が、どこかの国の物語のような感覚を覚えた。曲の世界に入り、そこで言葉のない物語を経験する、そんな不思議な感覚。宇宙的とでも言おうか。
    これだけここちよく響く音。
    天才あひる倶楽部は、やっぱりサイコーな大人達による音楽集団だ。そして心は、翼の生えた少年のよう・・・。


    ライブ後、楽屋にて記念写真撮りますよ〜〜。

    (最初の写真は、よしくん が提供して下さいました。Thanks to him!)


    | マーサメリー | 17:47 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Profile

    Recommend

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode